top of page

アルゴスリープの心拍・呼吸アラート機能で、迅速な対応が可能になりターミナルケアの精神的負担が軽減しました。

社会福祉法⼈ 織舩会
特別養護老人ホーム ウエルハイム・ヨコゼ様

​施設名

2022/11/14

​更新日

ターミナルケアの負担軽減

ウエルハイム・ヨコゼ様は、要介護4~5のご利用者が多く、容体の急変に備えて職員様が常に気を張っているという状況が続いておりました。

通常の夜間帯は、2時間に1回の訪室対応をされていらっしゃいますが、ターミナルケアのご利用者の場合は15分に1回訪室する必要があり、職員様にとって業務上の負担になっておりました。

過去には、ご利用者が亡くなった際に発見が遅れてトラブルに繋がったというケースもあったようです。


 


POINT 01 |  心拍・呼吸アラート機能の活用で迅速な対応が可能に

いつ容体が急変するか分からないご利用者に対して、アルゴスリープの心拍・呼吸アラート機能を使用することで、異変により早く気が付くことが出来るようになります。

実際にターミナルケア対象のご利用者の心拍アラートが鳴った際、職員様が駆けつけて容体を確認したところ、心停止状態を確認できたことにより、迅速な対応を取ることができました。



POINT 02 |  業務効率化や精神的負担の軽減




今まで短い時間での定期的なご利用者の容体を確認する必要があったところを、リアルタイムモニタリング機能や心拍・呼吸アラート機能を活用することで、訪室をしなくてもご利用者の状況を確認することができるようになりました。


結果的に、夜間帯の訪室回数を減らすことができ、業務効率化に繋がりました。

また、画面上でデータを常時確認できることで、常にご利用者の容体を気にしなければならないという職員様の精神的な負担の軽減にも繋がりました。


― 新しいターミナルケアの見守り ―




介護現場では、ご利用者が突然お亡くなりになることや、場合によってはお亡くなりになってから数十分後に発見されるケースもあるとお聞きしております。職員の皆様には、アルゴスリープを使用することで、「容体の異変に早いタイミングで気付くことができる。」という実感を頂いております。

アルゴスリープを活用していくことで新しいターミナルケアの見守り体制を築いて頂いております。


ウエルハイム・ヨコゼ様は、要介護4~5のご利用者が多く、容体の急変に備えて職員様が常に気を張っているという状況が続いておりました。
通常の夜間帯は、2時間に1回の訪室対応をされていらっしゃいますが、ターミナルケアのご利用者の場合は15分に1回訪室する必要があり、職員様にとって業務上の負担になっておりました。
過去には、ご利用者が亡くなった際に発見が遅れてトラブルに繋がったというケースもあったようです。

 


POINT 01 
心拍・呼吸アラート機能の活用で迅速な対応が可能に


いつ容体が急変するか分からないご利用者に対して、アルゴスリープの心拍・呼吸アラート機能を使用することで、異変により早く気が付くことが出来るようになります。

実際にターミナルケア対象のご利用者の心拍アラートが鳴った際、職員様が駆けつけて容体を確認したところ、心停止状態を確認できたことにより、迅速な対応を取ることができました。



POINT 02 
業務効率化や精神的負担の軽減



今まで短い時間での定期的なご利用者の容体を確認する必要があったところを、リアルタイムモニタリング機能や心拍・呼吸アラート機能を活用することで、訪室をしなくてもご利用者の状況を確認することができるようになりました。


結果的に、夜間帯の訪室回数を減らすことができ、業務効率化に繋がりました。

また、画面上でデータを常時確認できることで、常にご利用者の容体を気にしなければならないという職員様の精神的な負担の軽減にも繋がりました。



新しいターミナルケアの見守り



介護現場では、ご利用者が突然お亡くなりになることや、場合によってはお亡くなりになってから数十分後に発見されるケースもあるとお聞きしております。職員の皆様には、アルゴスリープを使用することで、「容体の異変に早いタイミングで気付くことができる。」という実感を頂いております。

アルゴスリープを活用していくことで新しいターミナルケアの見守り体制を築いて頂いております。


bottom of page